エルニド

エルニドツアーの注意点と持ち物!絶対知っておくべき知識を伝授。

エルニドツアーの注意点と持ち物!絶対知っておくべき知識を伝授。
こんにちは、ゴコアライフ(gocoa5 )です。

エルニドの現地で申し込むアイランドホッピングのツアーの注意点や持ち物。

そして絶対に知っておくべき知識をまとめました。

あいり
あいり

「どこで申し込めばいいの?」

「何持っていけばいいの?」

「どれがおすすめなの?」

という人は必見です!

エルニドの現地ツアーについて

エルニドのツアー
  • ツアーA:1200ペソ
  • ツアーB:1300ペソ
  • ツアーC:1400ペソ
  • ツアーD:1200ペソ

上記の4種類があります。

  • すべて「ランチ付き」のアイランドホッピング
  • 時間:6〜8時間
  • 人気なのは「ツアーA」と「ツアーC
  • ペットボトル禁止:環境の為と言っているが、買わせるため?ビーチや船に売り子が来ますw(ペットボトルの水も売ってる)

どこの現地ツアー会社に行っても値段は変わらないので好きなツアー会社にしましょう。

そして結局どこで予約しても、ツアー当日全員が同じ場所へ集まります。

あいり
あいり
ホテルでも予約可能なところがあります。
こーし
こーし
前日予約も可能なので天気の様子を見て行動するのも良いかも知れない。

エルニドのツアー代金に含まれないモノ

エルニドツアーAシューズレンタル
  • Entrance Fee(入場料):200ペソ
  • Environmental Fee(環境税):200ペソ
  • シュノーケルマスク(当日に現地で):100ペソ
  • ウォーターシューズ(当日に現地で):100ペソ
  • カヌー:200ペソ

つまり上記のものは支払う必要があります。

例:ツアーAの場合:1200ペソ+200ペソ+200ペソ+100ペソ+100ペソ+200ペソ=合計2000ペソ
こーし
こーし
こうやってみると地味に高くなるよなあ。

ツアーAとツアーC、2日間行く!って人は「環境税のみ」を支払わなくて良い。

なのでツアーを予約する場所で「2つ行くから割引(ディスカウント)して!」と言うとおまけしてくれます。

ツアー代は安そうに見えて、当日に地味にお金がかかるので絶対にお金は持っていきましょう。

もし現地ツアーが不安な人は日本語で予約出来るツアーもオススメ

>>日本語でパラワン島・エルニドでツアー予約するならこのサイト!

こーし
こーし
エルニド現地でも申し込めるし日本からも申し込めます!

おすすめの服装

エルニドのツアーの食事

もちろん水着です。

ですが服は着ていきましょう。

日焼け対策にタオルなどを持ってくのがオススメ。

あいり
あいり
後に説明しますが、船の席は早い順なので遅く行くと数時間太陽を浴びっぱなしに・・・。

エルニドのツアーの持ち物・持っていくと良いもの

oceanpack5と20
  • 防水バッグ
  • 酔い止め
  • 日焼け止め
  • GoProなどの防水カメラ
  • お金1000ペソ以上
  • アクアシューズ(現地でレンタル可能)
  • シュノーケル(現地でレンタル可能)

僕たちが持っていったもの

  • 防水バッグ:20L、5L
  • 酔い止め:6〜8時間分
  • 日焼け止め:1本
  • GoPro
  • お金1000ペソ
  • ドローン
  • スマートフォン
  • スマホ防水ケース
  • モバイルバッテリー
  • 充電ケーブル
こーし
こーし
持ち物多すぎて笑った

注意点と知っておくと良い事

エルニドの海エルニドの海
  • 防水バッグ必須
  • 船酔いする人は酔い止め必須
  • 日焼け止め必須
  • お金は持っていく
  • 船の席は早い者勝ち

上記の4点です。
詳しく説明していきます。

防水バッグ必須

船に乗るまで海の中を歩く

船はとんでもなく揺れることがあります。
ビッショビショになります。

また上記の写真のように「船に乗るまで海の中を歩く」可能性があります。

防水バッグはもちろん、濡れても大丈夫なようにしておきましょう。

ビーチに行ってる間やカヌーを漕いでる間は船の中に荷物を置いておくことも出来ます。

エルニドツアーA

というよりも皆置いてっているので、防水バッグで自分の荷物だけはまとめておけるようにしておくと良いかもしれません。

こーし
こーし
船に置いておくのは不安ですが「泥棒がいた場合は船の中に犯人がいる」ってことでみんな置いていってるのかな。

僕たちも置いていましたが何も問題なかったです。

船酔いする人は酔い止め必須

エルニドツアーA

数時間船に乗ります。
めちゃくちゃ揺れます。

目的地にいる時間より船の移動時間のほうが多いです。

船酔いする人は絶対に酔い止め持ちましょう。

日焼け止め必須

エルニドのツアーの海

エルニドの日差しはとんでもなく強いです。
SPF50程度の日焼け止めの場合、席によっては普通に焼けます。

何度も言いますが、日焼け止め塗ってるのに余裕で焼けます。

こーし
こーし
ツアーAのとき調子乗って日焼け止めやらなかったら皮膚が大変なことになったよ

防水バッグ、酔い止め、日焼け止めは現地のエルニドでも買えます。

日焼け止めはSPF100も売ってます。買いましょう。

あいり
あいり
日焼けしたくない人はタオルや日よけを持っていくことをオススメします。

お金は持っていく

フィリピンペソ

お金も持っていかないとカヌー(200ペソ)に乗れなかったり、飲み物(50ペソ〜)が買えないので絶対持っていきましょう。

1000ペソあれば十分ですが、チップや食べたり飲んだりしたい人は相場を見て考えると良いかもしれません。

船の席は早い者勝ち

エルニドの海

船によっては日陰が少ししかありません。
もちろん席は早い者勝ち。

つまり…

船に乗る数時間ずっと日が当たりっぱなしで死にそうになる

ってこともありえます。
嫌な人は船に乗るときスタートダッシュしましょう。

あいり
あいり
ここから先はツアーAとツアーCの中身です!

ツアーAの概要

  • Big Lagoon(ビッグラグーン) または Small Lagoon(スモールラグーン)
  • Shimizu Island(シミズアイランド)
  • Secret Lagoon(シークレットラグーン)
  • Seven Commando Beach(セヴンコマンドビーチ)

上記4ヶ所へ行きます。

ビッグラグーン、スモールラグーンに行きたいならツアーAにしましょう。

こーし
こーし
一眼レフを持ってきてる強者もいたな!
あいり
あいり
ラグーン内でよく物落とす人がいて「落としたら回収できないから注意」ってツアーガイドの人も言ってたね。

ツアーCの概要

  • 4〜5種類のビーチへ行く
  • シュノーケルも料金に含まれている
  • ビーチとシュノーケルを楽しむためのツアー
  • 7〜8時間。

それだけ聞くと疲れそうですが、船の中で休むも自由。

ビーチで休むも自由です。

「ツアーAでもビーチに行くしいらなくね?」って思いましたがレベルが違う。

こーし
こーし
ツアーCめちゃくちゃいいぞ。海が超綺麗。

エルニドツアーの雰囲気や詳細は日記記事のほうで書いているのでよかったら見てください

【フィリピン旅行記】エルニド旅行してみたレポ【海が綺麗すぎる街】セブで語学留学をしたあとに、セブのお祭りとエルニドを観光をしてきたので紹介します! まずはセブでシヌログフェスティバル(sinul...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOCOAをフォローしよう!

ABOUT ME
こーし&あいり
こーし&あいり
【旅行×写真×食事】をテーマに書いてます。 よかったらSNSのフォローや他の記事もどうぞ。
この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image