セブ

【セブから日帰り】ボホールを1日で観光してきたレポ|ツアー予約方法・個人で行く方法を紹介!

セブから日帰りのボホール観光
こんにちは、ゴコアライフ(gocoa5 )です。

セブに滞在中、ツアーを利用して日帰りでボホール島の観光をしてきました!

どの方法で行くのがオススメなのか、予約方法などを書いていきます。

それぞれの観光場所とともにツアーにレビューをしたいと思います。

ボホールに興味がある方は最後におすすめの観光方法も書いたのでぜひ見てみてください!

ボホールツアー概要:スーパーキャット

今回私達は「スーパーキャット(super cat)」を利用しました。

公式サイト:Bohol Day Tour Package

super catツアー内容

ツアー行程

  • Arrival Tagbilaran Wharf(ボホール到着)
  • Lei Reception by Travel Village(粗品贈呈)
  • Baclayon Church & Museum
  • Loboc River Cruise w/ lunch on board
  • Tarsier Sanctuary
  • Bilar Mahogany Man Made Forest
  • Chocolate Hills
  • Butterfly Farm
  • Blood Compact Monument
  • Souvenir Shopping
  • Back to Tagbilaran Wharf for Check-in(フェリーターミナルに戻って帰りの船にチェックイン)
こーし
こーし

すげー簡単に言うと「フェリーターミナルに行けば後は全部スタッフが付き添いでやってくれる

これについてはこの記事を読んでいけばわかるよ!

メリット・デメリット

  • 船代、車代、ガイド代、飯代も全部含まれる
  • ガイドスタッフに写真撮影も頼める
  • 1人につき2980ペソ固定だから少人数に良い
  • 1人だと申し込めない?
  • 他の人がいる可能性がある(私達は誰もいなかったので貸し切りだった)
  • 時間が決まっているので融通が利かない
  • 大人数だとボホールまで各自で行き、ボホール現地で車をチャーターしたほうが安い
あいり
あいり
総合的に考えると2〜3人ならツアーのが安いかな?
こーし
こーし
個人で行くにしても車をチャーターすることになるからツアーは楽かもしれない。

もしくはベルトラとかで予約かな。

スーパーキャット(super cat)の予約方法

  1. 直接フェリーターミナルにある「Super Catオフィス」へ行く
  2. SMS(メッセージ)か電話で問い合わせ

私達は「2」のSMSで問い合わせで予約しました。

敷居が高そうに見えますがグーグル翻訳の英語でOKです!

こーし
こーし
実際に体験したSMSの予約の流れを書いていくぞ!

予約の流れ

  1. 公式サイトの番号に行きたい日付SMSを送る
  2. 返事が来る
  3. 名前、年齢、性別を送る
  4. 終わり

実際予約したとき送ったSMSがこれ

セブ島スーパーキャットの予約方法

「こんにちは。何月何日に予約したいんだけど開いてる?」
「OK、2980ペソな!」

みたいな感じのやり取りです。

こーし
こーし
最悪英語がわからなくても・・・OKが出れば予約した日にスーパーキャットのオフィスにいきゃあいいんだよ!(適当)

完全日本語でツアー予約したいならベルトラがおすすめ!

セブ市内からフェリーターミナルに移動

予約の内容では、ピックアップ等はなく直接フェリーターミナル1のスーパーキャットの受付まで行くように書かれていました。

場所は

余裕を持って朝6時前くらいにJYモールの前でタクシーを捕まえ、フェリーターミナル1に向かいます。

タクシードライバーは乗車時に「朝だからプラス40ペソ」と言ってきたので、メーターの116にプラス40ペソ支払いました。

こーし
こーし
Grabでは151ペソだったからGrabを利用しても良いかも。

タクシーアプリGrabの使い方。注意点やクレジットカード登録やプロモーションコードについて書いていく!

フェリーターミナル1に到着、ボホールに出発

フェリーターミナルまずはスーパーキャット(super cat)チケットカウンターに行きます。

SuperCat受付SuperCat受付

私達もあまり上手に英語が話せませんが、受付の方もあまり流暢ではないようで、予約内容が伝わりにくかったので予約時のSMSを見せて対応してもらいました。

ツアー料金:1人2980ペソ、2人で合計5960ペソ

支払いを済ませると、船がキャンセルになったから別の船になると言われました。

こーし
こーし
さすがフィリピンクオリティ、裏切らない。
フェリーターミナル1の外観セブのフェリーターミナル1

スタッフの方がターミナルの中まで案内してくれて、「船のチケットを買ってくるからここで待ってて」と言われターミナルのエントランスフィーを支払う場所の手前で待機します。

ターミナルのエントランスフィーチケットフェリーターミナルのチケット

スタッフの方は船の往復チケットと、フェリーターミナルのエントランスフィーを支払った証明のチケットを持って帰ってきました。

「8時に7番ゲートで会いましょう。」

と言われ一旦スタッフの方とはお別れです。

待合所の様子時間は7時。1時間の空き時間はターミナル内のカフェや待合所に座って時間を潰しました。

待合所でマッサージサービスを受けている人待合所では目に障害のある人が行うマッサージサービスもあります。

「8時に待ち合わせ」と言ったスタッフのかたですが、8時になっても姿が見えず。

こーし
こーし
直前には見かけたんだけどな。

さすがフィリピン・・・。

不安を抱えつつも8時搭乗開始、8時20分に出発なので乗船します。

乗船の様子乗船の様子
船内船内の様子
椅子座席
席番号天井にある座席番号
船内出港後の船内の様子

飛行機や新幹線のようにお菓子を売るスタッフたちもいます。

船内の液晶映画などが流れるモニター
こーし
こーし
これ、合法なんだろうか・・・?

モニターの映画は船によって毎回異なるようです。中には乗船中に終わらないこともあるんだとか・・・。

あいり
あいり
私達のときはアラビア語の字幕で音量も小さくて何言ってるか全然わかんなかったね。

船内は案の定、クーラーガンガンで極寒

ただ、私達の座っていたAB側の席は太陽サンサンで猛暑でした。

日焼けしそうなレベル。

あいり
あいり
指定できるのであればHI側の席がおすすめです。

ボホールの看板約2時間の船旅を終えボホールに到着。

ツアーのシールセブでもらっていたシールと同じロゴの旅行会社のサインを探します。

あいり
あいり

ここで個人の人は車をチャーターしたりトゥクトゥクをチャーターしたりします。

絶対に客引きがあるはずだからわかるはず。

Lei Reception by Travel Village(粗品贈呈)

ボホールデザインの木製ペンダント挨拶して首にかけてくれたのがこちら。

あいり
あいり
他のツアー客も持っていたので、ツアー客という目印なのかも?

あとで返却するのかと思ったらもらっていいそうです。旅のお土産になりますね。

あいり
あいり
今回は2人でバン貸し切りだったね。

その後、車内でガイドさんが今回のツアー行程の説明等をしてくれます。

目的地の順番はスーパーキャットのホームページと少し異なりました。

今回は行った順番で紹介していきます。

血の盟約(Blood Compact Monument)

Blood Compact Monumentまず初めの目的地はこちら。

血とワインを混ぜて飲んでいる様子で友好の象徴だそう。

バクラヨン教会の博物館(Baclayon Church & Museum)

次に教会へ行きます。

ボホールの教会外観博物館も併設していて、数組に1人専属のガイドさんがついてくれます。

ボソボソと話す新人さんだったようであまり内容は入ってこず。

また、写真撮影禁止だったので映像もないです。

あいり
あいり
ガイドさんに「これは花を持っている女性です。」って見たままのことを説明されたところが一番面白かった。

ちなみにお手洗いは博物館を出て教会との間にあります。悲しいことに便座はありませんでした。

ボホールの教会内部

ボホールの教会内部教会内はお祈りの時間が終わっていれば中に入って写真撮影が可能です。

ターシャの聖域(Tarsier Sanctuary)

続いて教会から20分ほど移動し、拳サイズのお猿さんを見に行きます。

ターシャ
あいり
あいり
かっっっわいいいいい!!

このお猿さんは「ターシャ(発音はターシヤ)」という名前で、この施設で保護されています。

施設には100匹以上が生息しているそうですが、見ることができるのは3,4匹のみとのことです。私達が行った時は5匹見られました。

ターシャ大声を出したり、触ったり、フラッシュ撮影などは、ターシャにストレスがかかるので禁止されています。

ターシャターシャは夜行性で、日中はほとんど動かず、木の枝や草の間に隠れています。

歩道に沿って歩くとガイドさんが指をさして居場所を教えてくれます。

ターシアおみやげショップ

ターシアおみやげショップお土産屋さんもあります。記念に50ペソのマグネットを購入してみました。

ロボックリバークルーズとランチ(Loboc River Cruise w/ lunch on board)

ターシャの場所から20分ほど移動し、今度は昼食を船の上で食べます。

ボホールの船でランチ船は30分進んで30分戻る、計1時間の昼食ツアーです。

ドリンクはミネラルウオーター、レモンティーは料金に含まれますが、コーラやスプライト、ビールは別途150ペソかかるとのことです。

ガイドさんが事前に食事アレルギーがないか確認してくれました。

受付に到着するとガイドさんがチケットを購入してくる間お土産を見ていてくれとのことでした。

ターシャのグッズなどが売っていましたが特に購入せず。

ボホールの船でランチガイドさんと一緒にボートに乗船します。乗船時は結構段差が高いので気をつけてください。

昼食はビュッフェスタイル。

船内のビュッフェ 船内のビュッフェ 船内のビュッフェ
こーし
こーし
一番美味しかったのはバナナシフォンケーキ。全体的にはあんまり美味しくないかな。

川は綺麗な空気で気持ちよかったです。

ボホールの船からの景色船の中では歌を歌って売くれる人がいます。

あいり
あいり
フィリピン人なのに「上を向いて歩こう」とかも歌っててすごかったね。

また、途中で小屋の前で止まって地元の人たちのショーを見ます。

一緒に踊っている人やチップをあげる人がいました。

船内では写真撮影のサービスもありました。きっと後で購入が必要かなと思ってお願いしませんでした。

受付まで帰ってきたら少しお土産を見たりトイレ休憩を挟んだりして再度出発です。

Bilar Mahogany Man Made Forest

つづいて森です。

ガイドさんから雨が降っていれば車に乗ったままドライブスルー、雨が降っていなければ停車して写真撮影をしよう、と言われました。

結局雨は降っていなかったので停車して写真撮影タイム。

ボホールの森道路の両側が背の高い木で覆われている様子にはおお、と思いましたが、そうでもないのでなんでここもツアーに含まれているのか少し不思議な気持ちになりました。

バタフライファーム(Butterfly Farm)

続いてはバタフライファーム。虫の病院?のようなことを言ってました。

あいり
あいり
残念ながら虫は嫌い!ちゃっちゃと出たい。

バタフラ-ファームのガイドさんの説明専属のガイドさんがカタコトの日本語で案内してくれたので、説明を聞いてそんなに長居せずに終わりにしました。

施設にはトイレもありました。

チョコレートヒルズ(Chocolate Hills)

バタフライファームから20分くらいでチョコレート・ヒルズに到着です。

雨が降って山が茶色くなった時、チョコレートに見えるためチョコレート・ヒルズという名称になったそうです。

チョコレート・ヒルズ チョコレート・ヒルズ チョコレート・ヒルズ チョコレート・ヒルズ
あいり
あいり
うっすら茶色い・・・?

チョコレート・ヒルズ階段 上に展望台があります。

チョコレート・ヒルズ階段 この階段、200段くらいあるそうです・・・。

チョコレート・ヒルズ展望台

チョコレート・ヒルズ展望台 こんな感じの展望台に到着します。やはり見晴らしは下よりも良かったです。

チョコレート・ヒルズお土産ショップ

チョコレート・ヒルズのトイレお土産屋さんや少しの飲食店、トイレもあります。

チョコレートヒルズでドローンは禁止

ボホールを1日で観光してきたレポ朝8時以降は厳しく禁止されています。

早朝なら飛ばしていいけどそれ以外はダメっぽいです。

こーし
こーし
チョコレートヒルズにはスタッフも多くいるので聞いてみると良いかも。

ボホールからセブ島へ(Back to Tagbilaran Wharf for Check-in)

これで観光は終了したので、セブに帰るためにフェリーターミナルへ戻ります。

チョコレート・ヒルズから50分ほどかけてターミナルに到着しました。

帰りのフェリーは遅れが出ていたようで、17時40分発の便でしたが17時50分から搭乗開始で30分くらい出発が遅れました。

夜で日もないので、クーラーガンガンの船内は本当に極寒。

こーし
こーし
めっちゃつらかった。

周りの人も死にそうになってた・・・。

セブのフェリーターミナルには20時15分頃到着。

帰りはタクシーでJYモール付近まで戻ろうとしましたが、ターミナル付近のタクシードライバーはみんな「プラス50ペソ!」や「メーターなしで300ペソ!」などとふっかけてきます。

少し歩きますがコロン付近まで出てタクシーを捕まえると、メーターだけでOKのタクシーを発見。

こーし
こーし
フェリーターミナル付近のドライバーやばすぎ。

ボホールに行くには泊まりがオススメ?

私達はsuper catのツアーで日帰りで行きました。

ですがボホールにはチョコレートヒルズやターシャの他に色々あります。

例えば「パミラカン島(pamilacan island )」ではドルフィンウォッチング・ホエールウォッチングなどがあります。

まあそんなことを言いましたが時間や予算がない方は「Super Catのツアー」はとてもオススメです!

行く前にいろいろ考えてみると良いかも知れません。

完全日本語でツアー予約したいならベルトラがおすすめ!

【超簡単な行き方】セブ島のトップス(TOPS)は激安ツアーを利用するのがオススメ!
【超簡単な行き方】セブ島のトップス(TOPS)は激安ツアーを利用するのがオススメ!セブ島のTOPS(トップス)、Sirao Garden(シラオガーデン)、Temple of leah(テンプルオブレイア)皆さん知って...
オスロブ観光ツアーまとめ|ジンベエザメ、ツマログの滝、スミロン島
オスロブ観光ツアーまとめ。流れや持ち物は?|ジンベエザメ、ツマログの滝、スミロン島今回フィリピンのセブ島にあるオスロブという地域に行ってきたので紹介します! フィリピンのセブ島に行ったら絶対に外せない観光スポット...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOCOAをフォローしよう!

ABOUT ME
こーし&あいり
こーし&あいり
【旅行×写真×食事】をテーマに書いてます。 よかったらSNSのフォローや他の記事もどうぞ。
この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image