ルアンパバーン

ルアンパバーン$35で象乗り放題!免許取得まで出来るマニファトラベルはおすすめ。

マニファトラベル
こんにちは、ゴコアライフ(gocoa5 )です。

ラオスのルアンパバーンで象使いの体験をしてきたので、実際の体験をふまえてレビューしていきます!

1日の修業を終えると象使いの免許もゲットできるので、ラオス旅行の自分へのお土産にオススメです。

こーし
こーし
まさか$35で1日象さん乗り放題の時代だとは思わなかった。
あいり
あいり
それもライセンス取得も出来る素晴らしさ!

象使い体験・免許取得を予約できる旅行代理店「マニファトラベル」

象使い体験の旅行会社の外観

私達が今回象使い体験の予約で利用した「マニファトラベル」という旅行代理店。

場所はこちら。

今回行ったときにはカタコトで日本語を話すスタッフがいました。

言葉が伝わらなくても、日本語が書かれたパンフレットを見せてもらるので安心です。

象使い体験の日本語パンフレット

パンフレットを見ながら象使い体験をどのくらいの時間するかや、象使い体験の他に行きたい観光地などを考えながらツアーを選びます。

あいり
あいり
1日ツアーは昼食付き!

今回私たちが選んだのは、1日象使い体験のできるツアー。

できるだけ象に乗りたい!と思っていたので、午前と午後両方で象に乗られるプランを選びました。

象使い体験の領収書

支払いは1人35ドル、2人で70ドル。

あいり
あいり
象とたくさん触れ合えるのが楽しみです!

象使い体験レビュー!

ヴィラ ラタナコンの朝食

ホテルで朝食を食べてからロビーでお迎えのバンを待ちます。

ルアンパバーンのおすすめホテル3選まとめ

その後ホテル入口で迎えを待つと、バンがお迎えに来てくれました。

象使い体験の場所

いくつかホテルを経由して人を乗せた車は、少し走って象のいる象使い体験の場所で降ろされます。

象使い体験で象に乗るための階段

降りた先でスタッフに案内され、あれよあれよと背中に椅子が付いている象に乗せられました。

象使い体験で象に乗った景色

初めはサンダルとスマホを落とさないようにするので必死です。

今回乗った象は2人乗りで、夫婦で1頭貸し切りで乗れました。

象使い体験で象に乗った景色

スタッフの象使いたちが象に指示を出して、一列でお散歩しました。

途中象使いはバナナを一房まるまるあげたり、サトウキビをあげていて、象はそれを上手にぱくっと食べていました。

象使い体験で象に乗った夫婦2人

象使いのスタッフさんにスマホを渡してたくさん写真を撮ってもらえました。

あいり
あいり
ゆっくりだけど結構長く歩いてくれて、象の力強さを感じた!

重たいだろうに楽しませてくれてありがたい。

象使い体験の休憩場所

お散歩を終えたら屋根とテーブルのある場所で一休み。

ツアーごとに分かれて、引き続き象に乗る人たちには象のことを紹介してくれました。

象使い体験の象の紹介パンフレット

それから、象を操る言葉の使い方も教えてもらいます。

象使い体験の声掛け表

今度は象の背中に直接乗ってお散歩します。

象使い体験で川で濡れた象に乗っているところ

歩くごとに象の肩甲骨?が揺れて振り落とされそうになるので内腿が鍛えられました。

象使いからサトウキビを渡されて象にあげますが、すぐに食べられてしまいます。

なかなか言うことは聞いてもらえませんでしたが、なんとか象使いの言う通りに指示を出して進みます。

象使い体験で川で象を洗うところ

すると、途中でそのまま川に入っていってしまい、動揺。

あいり
あいり
えっ待って待って本当に!?本当に川入る待って濡れる濡れる待ってー!!!!

そんな叫びも虚しく象さんはぐんぐんと川に入っていき、象使いから「ほらブーン!だよブーン!」と言われたままに自分でも続けて指示を出します。

象使い体験で乗ってる象が川に沈むところ

バッシャーン!と勢いよく沈んで起き上がる象さん。びしょ濡れの私たち。

なぜか象の上に立っていてそんなに濡れてない象使いさん。

今度はそのままびしょ濡れになりながら象を洗います。

象使い体験で川で象を洗うところ

天然の石鹸らしいのですが、濡れたらちゃんと泡立つので不思議です。

最後にまたブーン!と言って象を濡らし、泡を落とします。

象を洗う間に少し乾いていた私たちはまたびしょびしょに濡れます。

こーし
こーし
困惑したけど超楽しい。

びっしょびしょになりながら帰ってきました。

象使い体験で服が濡れたあいり

めっちゃびしょびしょになった!とはしゃいでいたら、どうやらお昼の時間のようです。

象使い体験のランチ会場

「向こうでランチだよ」と教えてもらい移動してランチビュッフェをいただきました。

象使い体験のランチブッフェ

味はそこそこ。メインは象ですね。

ご飯を食べたところで大半の観光客は次の場所に移動していきました。

残ったのはあいりとこーしだけ。

象使い体験の2頭の象と夫婦2人
こーし
こーし
え、1日象に乗るの俺らしかいないの。
あいり
あいり
象乗りすぎ。楽しい!!!

直接象に乗られる機会はもう滅多にないと思うので、1日象に乗ることにしてよかったなぁと思います。

象使い体験で象とのお散歩2回目の川

今度は2人と2匹、と象使い2人だけでお散歩に行きます。

またもや象使いからもらったサトウキビはすぐになくなりました。

まずは先ほどの川に入って水浴び。

象使い体験で象が鼻から川の水を出すところ
あいり
あいり
もう濡れてもへーきへーき!でも待って鼻の水かけてこようとしないで!!

遊び心の強い象さんと象使いさんに振り回されるあいり。

あいり
あいり
象使いの人が私に「食べな」ってサトウキビむいてくれた。初めて生のサトウキビ食べたけど甘くて美味しい。
象使い体験で象とのお散歩2回目で山に行く

ゆっくり散歩を進めていき、今度は山道に入っていきます。

こーし
こーし
象が急に茂みの中を歩き始めて傷だらけになった。木のトゲがチクチク刺さってきて痛いー!

こーしの象さんは山道の途中、近道して草木の生い茂る道を進んで行ったので大変そうでした。

あいり
あいり
私はちゃんとした道を進んでくれたから大丈夫だったよ。
こーし
こーし
うそ!?俺だけあんな道進んだの!?

ワーワー楽しみながら象使い体験が終了。

象使い体験での象とのお別れ

象使いの人に突然「フィン!フィン!」と終了を告げられます。

あいり
あいり
え、このままさっきの場所まで戻るんじゃないんだ。
象使い体験での象とのお別れ

意表を突かれた終了の仕方でしたが、脱いでいたサンダルは持ってきてくれていたようで象さんとお別れです。

名残惜しい別れの後は、象さんが登ってきてくれた山を象使いさんの後を追って降りていきます。

象使い体験終了時に歩いた急すぎる下り坂
あいり
あいり
待って待ってサンダルが滑るうおおお転ぶ!!転ぶ!!!怖い!!!急すぎる!!!!!

象で登ってきた道とは違い、かなり急な下り坂で半泣きになりながらなんとか戻りました。

象使い体験のシャワー室

休憩場所にはお手洗いとシャワー室がありました。

象に乗って汚れるかもしれないから、と着替えを持ってきていて大正解。

象使い体験で濡れたズボンと財布
こーし
こーし
ズボンのポッケにナイトマーケットで買ったお財布入れてたの忘れてた!!

お財布は濡れてましたがお金は湿っている程度だったので、少し乾かしてまたお財布にしまいました。

象使い体験の帰りのボート

着替えて待っていると、ボートで帰るよう案内されました。

象使い体験の帰りのボート

ボートには私達夫婦と日本人1人、海外の方が1人の計4人の観光客を乗せて出発しました。

象使い体験の帰りのボート

運転していたのは子供。びっくりです。

お父さんに運転を教えてもらっているようでした。

お酒を作る村を観光

象使い体験で帰りに寄った村

途中、「村についたよー25分ね!」と言われ、お土産観光の時間になりました。

象使い体験で帰りに寄った村
あいり
あいり
わーいどんなお土産あるのかなー!
象使い体験で帰りに寄った村のお酒

一通りお土産を見て周りめぼしいものが特になかったので戻ってきたら、入口にあったお酒の屋台が目につきました。

ほらこれ飲んでみな!(ライスワイン)
こーし
こーし
おばちゃんおばちゃんこれ何!うめえ!他面白いのないの?

と質問していると、お店のおばちゃんは「こんなのもあるよ」とお店に並んでいないお酒を出してくれました。

あんたイケるわねー!!
象使い体験で帰りに寄った村での試飲

気分を良くしたのか、木から作ったお酒で試飲させてくれるとのことで、こーしが飲んでみることに。

ちなみに調べてもわからない今も名前がわからないヤバいお酒です。

これ飲めばパワフルやで!
こーし
こーし
うぅっ美味しい!(木の根っこの味がする)

ちなみにこのお酒飲んでから数ヶ月間、病気にならなかったので凄い物だったのかもしれない。

あいり
あいり
こーしが美味しいって言うこの手のヤツはやばいヤツ、、、
象使い体験のラオスのライスワイン

結局それとは別で試飲させてくれたライスワインを購入しました。

あいり
あいり
試飲で美味しかったから今度飲もー!

象使い免許取得!

象使い体験の帰りのボートからの景色

ボートに戻って船、バンに乗り替え、昨日予約で行ったお店に向かいます。

お店のスタッフに今日のベスト写真をメールで送ってくれと言われてその通りにし、しばらく待つと渡されたのがこちら。

象使いの免許!ついにゲットしました!!

あいり
あいり
これで私も象使い。フフン。

象使いの免許を受け取ったら今日のツアーは終了です。

象の背中に直接乗られる体験ができるラオスは珍しいようなので、旅行の際にはぜひ行ってみてください!

あいり
あいり
楽しかった!オススメです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOCOAをフォローしよう!

ABOUT ME
こーし&あいり
こーし&あいり
【旅行×写真×食事】をテーマに書いてます。 よかったらSNSのフォローや他の記事もどうぞ。
この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image