カンボジア

カンボジア旅行で知っておきたい知識と情報!予算や持ち物まで徹底解説!

カンボジア旅行で知っておきたい知識と情報!予算や持ち物まで徹底解説!
こんにちは、ゴコアライフ(gocoa5 )です。

の基本情報〜実際に行かないとわからない知識まで!

色々とご紹介します。

かなり紹介する情報が多いので・・・気になる場所を「もくじ」から見て下さい。

一部の情報は私たちが実際に行った感想を独断と偏見で載せています。

パクチーとレモングラスをいっぱい食べると蚊に刺されない

フォーサイゴン食事

最初に伝えたい無駄知識として・・・

パクチーとかレモングラスとかミント系を食べると蚊にさされない!

本当かどうかわからないけどカンボジアとベトナムでよく言われている。

とか草系を食べまくってたらあまり刺されなかったです。

こーし
こーし
僕はいつも蚊に刺されやすい人だけど・・・パクチーと香草系食べまくってたら何故か刺されなかった。
あいり
あいり
ちなみに私は嫌いなので食べなかったら凄い刺されました…。

カンボジアの基本情報

  • お金の単位
  • 公用語
  • 治安・安全性
  • ビザ(VISA)
  • 片道航空券で入国
  • あるといい持ち物

まずはこれらの基本情報から紹介します!

お金の単位

カンボジアのお金

1リエル=約0.027円

1Riel(៛)と書かれることもあります。

といってもカンボジアで実際に使われているのはほとんど「米ドル」です。

BIOLAB Coffee & Officeメニューカンボジアのお店のメニュー

観光客向けの店だとほぼ絶対米ドルなので米ドルがあると便利です。

逆にリエルしか使えないお店もあるので2つ持ってると便利・・・

と言いたいところですが「その場で計算してくれて、どちらも使えるお店も多く存在」します。

物価情報はこの記事の下に書いています。

公用語はクメール語(カンボジア語)

公用語は「クメール語」と「英語」です。

覚えておきたいクメール語

こんにちは スースダイ
こんにちは(丁寧) チョムリアップスォ
ありがとう オークンチュラン
元気ですか? ソースバーイ?
元気です ソクサバーイ
美味しい チュガンニュ
こーし
こーし
これを言うと現地の人が笑顔になるぞ!
あいり
あいり
不安な人はポケトークをレンタルしてもいいかもしれないですね。

治安・安全性

カンボジアの治安・安全性

黄色「レベル1:十分注意してください。」
その国・地域への渡航,滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。
オレンジ「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」
その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに,十分な安全対策をとってください。

外務省ではこのように載っています。

2019年時点で私達が実際に行って感じた感想は・・・

主要都市や観光地の治安は安全!

安全と言っても、貧富の差もひどいので詐欺まがいなボッタクリなどは何処でも多く見かけます。

田舎に行けば行くほど身体面で危険度は上がってくると思います。

戦争時の地雷もまだまだ埋まってると思う。

そんな気がしました。

こーし
こーし
世界遺跡の遺跡で子供が遊んでたりしてすごい国だった!

ボッタクリはあるけど普通に安全だったなあ。

個人の感想です。

ビザ(VISA)

事前のビザ取得は不要です。

飛行機の場合はアライバルビザという到着時に取得出来るビザを空港で取得可能。

バスの場合もバス内で取得可能です。
下記の記事で実際に取得したことも書いてます。

【カンボジア・ベトナム】メコンエクスプレスのネット予約方法!バス移動ならこれだ!

片道航空券で入国

出来ません。

出国の航空券が必要になります。

ですが、ベトナムやラオスからバスで入ると普通に片道分のバスチケットで入国出来ました。

人や時期、タイミングによって変わると思いますので参考程度にどうぞ。

あると良い持ち物

蚊のいなくなるスプレー
  • 蚊のいなくなるスプレー
  • 虫除けスプレー リッチリッチ30(ディート30)

カンボジアの蚊多すぎ。

どこから入ってくるのかわからないけど部屋に蚊いすぎ。

安宿だと蚊は絶対います。まじで。

そんなときに役立つのがこの商品です。

蚊の他に、アリ、ゴキブリ、その他諸々が床で息絶えてるのを何回も見ました。

寝てる間に危害を加えられるより、床に死んでたほうがまだマシなので持っていきましょう。

アンコール遺跡は蚊が結構います。

虫除けスプレー リッチリッチ30という強力な虫除けスプレーがおすすめです。

他、役に立った物は東南アジア旅行の持ち物!これだけは日本から持っていくと便利なリスト8選の記事に書いているので参考にしてください。

こーし
こーし
カンボジアでは売ってないから日本から持っていったほうが良いな!

あいり
あいり

このスプレーのおかげであまり刺されなくて良かった!(刺されたけど)

物価情報:予算や費用はいくら必要?

2019年時点の物価は下記になります。

  • コーラ325ml:0.8ドル(約80円)
  • ビール:0.5ドル〜(約50円)
  • カフェのコーヒー:約1.5ドル〜(約150円)
  • ローカルレストランや屋台:1ドル〜3ドル(約100円〜300円)
  • 普通のレストラン:3ドル〜(約300円)

1週間旅行すると?

1週間約6万円必要。

内訳
  • 飲食:1日1,500円×7日=10,000円
  • ホテル:3,500円の宿×7日=25,000円
  • 移動費:いろいろで20,000円
  • 観光費やその他(ツアー等):5,000円
人によってお金の使い方は違うので目安程度でお願いします。
こーし
こーし
節約すればもっと安く出来るけど、カフェやレストラン巡りが好きなのでこのような結果になったな!

カンボジア観光のおすすめ日数は?

観光内容 観光日数
プノンペン・シェムリアップ・アンコール遺跡を見たい! 10日間以上
アンコール遺跡群を見たい! 2〜7日間

アンコール遺跡群は頑張れば主要部分を2日で見れます。

ですが、朝日や夕日その他細かい場所を見るとかなり時間がかかってしまう。

写真を撮りながらゆっくり回ってこれです。

こーし
こーし
早足でよくあるツアーのようなものならサクッと観光できそうなイメージ。

移動手段や方法

プノンペントゥクトゥク
  • 短距離:Grabタクシー、トゥクトゥク
  • 中距離:Grabタクシー、トゥクトゥク
  • 長距離:バス、飛行機

Grabタクシーが超便利

Grab
  • 金額が決まっていてタクシーより安い
  • 地図で行く場所選択
  • キャッシュレスで乗れる

詳しくは「タクシーアプリGrabの使い方。注意点やクレジットカード登録やプロモーションコードについて書いていく!」の記事で紹介。

こーし
こーし
Grabはマジでおすすめ。

観光地・おすすめ場所マップ

アンコールワットのマップ.jpg

空港と市街地(ホテルやレストランの多い場所)はこんなに離れてる。

アンコールワット遺跡も地味に遠い。

ツアーに参加しないで個人で行くのは辛すぎる距離です。

そんなこんなでオススメの現地ツアーをおすすめします。

おすすめの現地ツアー情報

日本からのツアーと違い、現地で申し込む「現地ツアー」

特徴は「格安で観光地へ行ける」こと!

例えば下記のようなツアーがあります。

  1. 現地の激安ツアー
  2. 日本語でネットから申し込みツアー
あいり
あいり
私達が利用したツアーは全ておすすめです!

詳しく下記に書いていきます。

ホテルで申し込み

Smile Of Angkor Boutique Hotelツアーメニュー
  • 価格高め
  • 英語通じて簡単
  • 英語がわからなくてもホテルまで迎えに来てくれて楽
あいり
あいり
お金があるならこれが楽かも。

トゥクトゥクに直接交渉

アンコールワットツアーマップ
  • 価格は安め
  • 英語も通じないときがある
  • 上記の画像のような紙を持ってるので雰囲気で伝わる
  • 値段や場所を交渉する必要がある
こーし
こーし
敷居は高いが安く済む。
あいり
あいり
次の日ホテルまで来てくれなかった・・・などのトラブルもよく聞くよね。

ネットで申し込むベルトラのツアー

現地日本語ネットで申し込めるツアー「ベルトラ(VELTRA)」もあります。

  • 日本語申し込み可能
  • 日本からのツアーより格安
  • 価格やツアー内容がわかる
  • トラブルがあった場合は日本語で対応出来る
  • 詐欺られる心配なし!
あいり
あいり
ベルトラは英語が出来なくてもツアー内容や価格がネットでわかるのが嬉しい!
こーし
こーし

実際に海外では問題がつきもの。

トラブルがあった際には日本語で対応や返金などされるので安心かもなあ。

ベルトラ(VELTRA)公式サイトへ行く

カンボジアのご飯

ベンメリア遺跡帰りに食べたお米

実際に色々と食べてみました。

詳しくは「カンボジア旅行で食べるべきマイナー料理!生コショウやクローランを紹介!」の記事を参考にしてください!

Wi-Fi、SIMカード事情、速度や価格

詳しい記事は・・・

カンボジアのWi-Fi・SIMカード事情。レンタルは必要なの?

カンボジアのトイレ事情

フィリピンのトイレ
  • トイレットペーパー
  • 紙を流せない

紙が流せないトイレが多いです。(そういう場所はゴミ箱が置いてある)

良いホテルは流せる場所もありました。

以上「カンボジアで知っておきたい基本知識と情報!予算や持ち物まで徹底解説!」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOCOAをフォローしよう!

ABOUT ME
こーし&あいり
こーし&あいり
【旅行×写真×食事】をテーマに書いてます。 よかったらSNSのフォローや他の記事もどうぞ。
この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image