タイ

タイからマレーシアへ陸路移動!鉄道で移動する方法を伝授する!

タイからマレーシアへ陸路移動!鉄道で移動する方法を伝授する!
こんにちは、ゴコアライフ(gocoa5 )です。

この記事では「タイ バンコクからマレーシア ペナン島 ジョージタウンへ行く方法」を伝授します。

仮にバンコクからクアラルンプールへ行く人も参考になる記事です!

タイからマレーシア直通の鉄道はありません。

1度降りて乗り換える必要があるのでそこあたりを詳しく書いていきます。

私たちの移動概要

Hua Lamphong駅で乗った電車内の座席からみた朝焼け
  1. バンコクのフアランポーン駅でチケットを買う(ネット予約でも可)
  2. 鉄道に乗る
  3. フアランポーン駅からパダンブザール駅へ行く
  4. パダンブザール駅でタイ出国とマレーシアの入国手続
  5. パダンブザール駅で乗り換えしてペナンへ
こーし
こーし
これらを超詳しく書いていくぞ!

バンコクのフアランポーン駅でチケットを買う(ネット予約でも可)

Hua Lamphong駅のチケットカウンター

ここではネット予約はせずに直接駅の窓口でチケットを購入する際の方法を書いていきます。

方法がわかる方は、上記の「目次」から必要な項目にスキップして大丈夫です!

まずはHua Lamphong駅の窓口でチケットを購入します。

目的地と日時を言えば座席の空きを確認してもらえます。

チケットの購入にはパスポート(正確にはパスポートナンバー)が必要なので忘れずに持っていきましょう。

座席に希望がある場合は探してもらうときにはっきりと伝えましょう。

例としては

  • 2人で上下の寝台を使いたい
  • 上の段で寝たい
  • コンセント近く(17番18番、21番22番)がいい

などが挙げられます。

希望の日時と座席に空きがあればすぐにチケットをおさえてもらえます。

Hua Lamphong駅のチケットカウンターで支払えるクレジットカードの種類

支払いはクレジットカードが使えます。

Hua Lamphong駅で購入した鉄道チケット

購入手続きが終われば名前が入ったチケットをすぐに渡してもらえます。

チケットには出発時刻、号車、座席番号、出発駅と目的地の駅まですべての情報が書かれています。

無くさないように要注意です。

鉄道に乗る

昼間のHua Lamphong駅構内

当日、チケット売り場上の電光掲示板を確認すれば出発時間から電車のホームがわかります。

わからなかったらスタッフに聞きましょう。

Hua Lamphong駅に停車している電車の2号車

ホームを進んで寝台の車両に向かいます。

号車番号はドアの横に書いてあるのがわかると思います。

Hua Lamphong駅に停車している電車の行き先の表札

電車にはある程度の間隔で目的地が書かれたプレートがあったのでそれも目印になると思います。

電車や車両がわからない、不安を感じるようならすぐスタッフや周りの人に聞きましょう。

Hua Lamphong駅に停車している電車のホーム

ホームの途中まで歩いてくると電光掲示板も何もないので人に聞くのが一番手っ取り早いです。

Hua Lamphong駅で乗った電車内でバックパックを対面の椅子に乗せたところ

電車に乗って座席をシート横の番号で確認できたらようやく一息つけます。

あいり
あいり
え?寒すぎて笑うしかない。

電車に入った途端冬になりました。

もう一度言います。

電車の中は冬」です。

それくらい寒いので上着は絶対に用意しておきましょう。

こーし
こーし
上着マジ必須!絶対!

 電車内の設備や寝台のことについてはこの記事に詳細を書きました 

タイ鉄道の寝台列車情報まとめ。料金は?どの席番号がおすすめ?トイレ、ご飯、電源、荷物置き場はこんな感じ。

フアランポーン駅からパダンブザール駅へ行く

パダン・ブサール駅到着口

始発から終点なので途中駅を気にすることなく過ごせます。

パダン・ブサールに到着すれば約18時間の長旅が終了。

ここからは出国と入国手続きです。

そしてマレーシア国内の鉄道チケットを買って電車に乗ります。

パダンブザール駅でタイ出国とマレーシアの入国手続

Padang Besar駅の出国審査エリア

イミグレーションは結構適当です。

ちゃんと荷物検査も一応ありますが凄い適当でゆるゆるです。

こーし
こーし
出国スタンプ押す人の横に子供いて笑った。
Padang Besar駅のイミグレーションの免税店
あいり
あいり
ふぁ!?もうタイからマレーシア来たの!?

そんなレベルでいつの間にか国境を超えてます。

バンコクとマレーシアの時差のスクリーンショット

タイとマレーシアでは時差が1時間あります。

つまりタイでは9時だったのにマレーシアでは10時になるので電車の時間は気をつけましょう。

こーし
こーし
少し歩いただけで時差1時間変わっちゃうので混乱すると思う。

両替をする

Padang Besar駅のイミグレーション

イミグレーションの、出国スタンプを貰う場所の奥にあるカウンターで両替ができます。

Padang Besar駅のイミグレーションの両替所

両替レートは約500バーツをマレーシアリンギットへ交換すると62リンギット。

つまり1500円あたり50円損する感じでした。

なので問題無い方はここで変えておいた方が良いかもしれません。

あいり
あいり
コインも両替出来ました!

レートは変動しているのでこれは古い情報です。

最新のレートは現地で確認してください。

チケットを買う

Padang Besar駅のチケットカウンター

入国後2階へ行くとチケット売り場があります。

ペナン島(バタワース)までは11.40リンギットでした。

こーし
こーし
ここでクアラルンプールまでとか色々言えばどこでも着くと思う。

パダンブザール駅で乗り換えしてペナン(バタワース)へ

Padang Besar駅で乗ったButtrerworth行きの電車内
あいり
あいり
マレーシアの鉄道電車、綺麗すぎ!!!

タイとマレーシアを比較するととんでもない差です。

こーし
こーし
どうしてこうなったんだ…。

パダンブザール駅からバタワースまでは約2時間!

誰も教えてくれないので寝過ごさないようにしましょう。

Padang Besar駅で乗ったButtrerworth行きの電車内

車内の液晶は時々駅名を表示してくれるので頼りになります。

バタワース駅からペナン島へフェリー

Buttrerworth駅出口

ペナン島へ行くフェリー乗り場まではバタワース駅から歩いて行けます。

出口を出たら左側、みんなが歩いていく方向に行きます。

5〜10分くらい歩くしエレベーターは混むし階段は辛いしで大変。

Buttrerworthのフェリー乗り場

商業施設を抜けるといよいよフェリー乗り場です。

Buttrerworthのフェリー乗り場のチケット売り場

フェリーは20分間隔で動いてます。

それも1.2リンギット(約30円)で往復出来ます。

Buttrerworthのフェリー船内に並ぶ車と人
こーし
こーし
すげえ!車と一緒の場所に乗るのか!!!

そんなこんなでペナン島に到着して終わり!

Penang島フェリー到着口のタクシー乗り場と横断歩道

ここからはタクシーもバスもあるので安心です。

Grabを使えばジョージタウンのホテルまでは5RM。

タクシーだと10RM以上かかると思ったほうが良いかも知れません。

 Grabの詳細はこの記事で

タクシーアプリGrabの使い方。注意点やクレジットカード登録やプロモーションコードについて書いていく!

タイ・マレーシア旅行の参考になれば嬉しいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOCOAをフォローしよう!

ABOUT ME
こーし&あいり
こーし&あいり
【旅行×写真×食事】をテーマに書いてます。 よかったらSNSのフォローや他の記事もどうぞ。
この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyrighted Image